腰痛と一言で言っても、症状は様々。

坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱間狭窄症

滑り症

分離症などの病名がつくような症状から、慢性的な腰痛、股関節の問題で起こる腰痛、首のゆがみや肩の問題からくる腰痛など病名がはっきりしない、病院では筋肉のコリですね・・・というような状態までたくさんあります。

 



坐骨神経痛

 坐骨神経が腰椎のゆがみや骨盤のゆがみ、筋肉の硬直などで圧迫されておこる。

腰から太もも、ふくらはぎ、足先まで、痛み、鈍痛、しびれ、倦怠感などが現れる。

ヒザの痛みや違和感が出る場合も多い。

 

腰椎 椎間板ヘルニア

 腰の骨「腰椎」は積み木状に積み重なり、その間、間に椎間板がある。

椎間板が腰椎の圧迫等で飛び出る事をヘルニアと言い、頸椎で飛び出せば、頸椎ヘルニアなど場所によって名称が異なるが、内容は同じで、飛び出た椎間板が神経に触れる事で激痛、鈍痛、しびれ、マヒなどが起こる。

 

脊柱管狭窄症

 ヘルニアは通常、左右どちらかに飛び出て、神経に触れた側に症状を発生させるが、まれに真後ろにヘルニアが飛び出ることがある。この場合、背骨の中を通る神経の通り道が狭くなり、脊髄神経に直接触れるので、両側に症状が発生する。

この場合、名称が変わり、通り道が狭くなるということで、狭窄症と呼ぶ。

 

滑り症・分離症

 腰椎のひび、もしくは骨折。腰椎がお腹側に向かって、滑り落ちるようなゆがみを作る事から「滑り症」と呼ばれる。腰椎の骨折で完全に、椎体と椎弓が分離するのが「分離症」難しいように読み取れるが、骨折です。

これにより、脊髄神経を圧迫、もしくは触れる事で、激痛、鈍痛、しびれ、マヒが起こる。



カイロプラクティックや整体の施術

 

カイロプラクティックや整体の施術では、直接患部に触れることができないこともあるため、間接的に痛みやゆがみ、症状を軽減、もしくは取り除く。

外科的手術を施した方が良い場合もあるが、最後の手段として取っておいてほしい。

手術せずに症状がなくなる場合も少ないからだ。

また、手術は症状を出している部分に対しての対処療法で、「なぜそうなったか」という原因はほぼ無視する傾向がある。

「姿勢がゆがんで、腰に負担が来たから、ヘルニアになった。」という場合

ヘルニアを切っても、姿勢のゆがみや負担をそのまま残した状態にしていれば、すぐに再発する。

 

まず、原因である「姿勢のゆがみや負担」を取り除きましょう。