胸郭出口症候群

 

腕神経叢や鎖骨下動脈・静脈などが、鎖骨や第一肋骨、斜角筋や小胸筋によって圧迫され、起こる症状。

つり革を持つような動作、物干に洗濯物を干すような動作で手や腕にしびれ、肩、肩甲骨の痛みが見られる。

神経の圧迫では、手の小指側にうずくような痛みや刺すような痛み、動作が鈍るなどの運動障害が起こる。

鎖骨下動脈の圧迫の場合、腕が白っぽくなり、静脈の圧迫の場合は青紫色になることがある。

 

 

鎖骨、第一肋骨、頸椎、胸椎などのゆがみによる神経圧迫を取り除く必要がある。

鎖骨、肋骨、肩甲骨のゆがみを取り、周辺の筋肉の緊張をほぐし、動脈、静脈の圧迫も同時に取り除く必要があります。



肋間神経痛

 

肋間神経の圧迫によるもの。

呼吸で肋骨に動きが生じると痛みや違和感がでる。

普段から鈍痛などを感じる事もある。

整形外科では、姿勢の悪化が主な原因とされるが、

カイロプラクティックで、背骨、胸椎のゆがみによる、

肋骨のねじれを整えると痛みが少なくなることが多い。