肩こり

 

肩の関節や周辺の筋肉は、その他の部分との連動性が非常に多く、原因となる箇所が非常に多いため、肩だけが問題を起こして慢性的な肩こりになることは少ない。

 

後頭部や頸椎のゆがみによる肩こり

肩甲骨や胸椎のゆがみによる肩こり

腰の骨、腰椎のゆがみ、股関節のゆがみによる肩こり

 

肩だけをほぐしても、原因が残った状態だと肩こりはすぐに戻ってしまうため、慢性化することが多い。早め早めのケアをすることが重要。



四・五十肩

 

年齢を表す症状名がついているが、年齢は関係ない。

肩、腕、ヒジにかけての痛み。

腕、肩が上がらない、上げようとすると激痛が走る。

上腕が内側にねじれた状態で、筋肉の過緊張、猫背になる。

ほとんどの場合、股関節にも問題が生じる。

 

臨床では、いくつかのパターンに別れる

 

『後頭部、頸椎1番目のゆがみによるもの』

この場合、肩甲骨の動きが非常に固く、ひどい猫背になっている。

腕を上げる稼動域が極端にせまい。

 

『頸椎の5番目のゆがみによるもの』

この場合、ヒジを外側に曲げる事ができない。

同じく肩甲骨の悪く、猫背。手や指先にしびれがある。

 

 

カイロプラクティックでの施術は、頸椎などの背骨のゆがみによる神経圧迫を取り除き筋肉の弛緩、上腕のねじれを整え、腕の稼動域の回復を計る。

首から肩、全身にかけて筋肉や組織の硬直があるため自律神経の乱れを整え、ミネラル、ビタミン、ポリフェノールなどの抗酸化作用を持つ栄養素タンパク質の摂取を心がけることが必要。