側湾症

 

背骨が左右に大きく湾曲してしまう病変。

側湾症は、先天性のものより、後天性、構築性の場合が8割以上。

原因不明と言われているが、構造医学では、「歩行が少ない」「体育座り」(地方では三角座り)、「柔らかい寝具」などが原因で作られていく。

本来の人間の形から、二足歩行をしないことにより、背骨の形や内臓の位置が退化、または四足歩行動物化していくことでなる。

年齢、年月をかけた側湾症は治らない。成長段階の子供は、治るか進行を防ぐことができるが、完治は難しいと考えた方がいいので、早め早めの施術が必要。

また、進行予防には「歩く事」が一番の方法。

カイロプラクティックや整体の施術だけではなく、寝具や歩行の見直しなど、生活習慣からの見直しを第一に考えていく事が先決。

 

側湾症の場合、本人には、肩こりや腰痛など自覚症状はほとんどない。

姿勢が悪い、痩せる、太らない、筋肉がつきにくい、寝返りをうたない、などは側湾症を疑う。

姿勢は、極端に右肩甲骨が盛り上がる、後ろ姿は「くの字」になり、全体的に平ら・平たい体つきになるという特徴がある。

それ以外は、「背骨が曲がっているから側湾症」と診断されても違う場合がある。

カイロプラクティックでの背骨の矯正で整えられるゆがみの方も少なくないため、整形外科に合わせ、カイロプラクティックでの施術などもオススメする。