ストレートネック

 

ストレートネックとは、読んで字のごとく

「まっすぐな首」です。

 

まっすぐのどこがいけないのか?

 

本来、首の骨「頸椎」の正しい形状は、アゴに向かって緩やかなカーブを描く

「頸椎の生理的湾曲」というものがあり

まっすぐの首は、この生理的湾曲から逸脱した形状になる。

そのため、頸椎の神経をほぼ、すべて圧迫させた状態が続く。

これにより、様々な症状を生み出す。

ストレートネックが生み出す、主な症状

頭痛・首コリ・肩こり・寝違え・不眠・めまい・吐き気・寝付きが悪い・眼精疲労・鼻炎・耳鳴り・いびき・歯ぎしり・アゴのゆがみ・猫背・胸郭出口症候群・手や指先のしびれ、他

 

交感神経、副交感神経の異常による様々な症状

甲状腺ホルモンに関する症状

などを引き起こす原因となるゆがみであることは明確である。